同じ空の下で

結婚していますが、恋してしまいました。誰にも言えない気持ち、日々の出来事を綴っています。

弱気…




彼と連絡取りたくても取れない今


キモチは繋がってるって信じたい


信じたいよ。。。


もしかしたらずっと連絡取れないままなんじゃ…って


澄んだ空を見上げても苦しくて。。。



もし、もしもお別れすることになったとしても


ちゃんとお別れの言葉を交わしたい


音信不通のまま、曖昧なまま、何もないなんて酷だよ


だったらちゃんとお別れの言葉があった方が


諦めがつくから


彼とお別れなんてしたくないけれど


その時が来たのなら、覚悟しなきゃ。。


なんて思う自分もいて


一人になるとネガティブになってしまいます


“彼とずっと一緒に生きていきたい” なんて


今では夢のまた夢なのかな。



*⋆︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⋆︎*

December🎄




クリスマスの季節って

こんなにも切ない季節なのかな。

胸が締め付けられる。

back namberの『クリスマスソング』

配信CMで「ズルイ。」って言ってたけど

ほんと、心がリンクしてしまいます。。



*⋆︎クリスマスソング⋆︎*

back number

作詞:清水依与吏

作曲:清水依与吏


どこかで鐘が鳴って

らしくない言葉が浮かんで

寒さが心地よくて

あれ なんで恋なんかしてんだろう


聖夜だなんだと繰り返す歌と

わざとらしくきらめく街のせいかな


会いたいと思う回数が

会えないと痛いこの胸が

君の事どう思うか教えようとしてる


いいよ そんな事自分で分かってるよ


サンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ


できれば横にいて欲しくて

どこにも行って欲しくなくて

僕の事だけをずっと考えていて欲しい


でもこんな事を伝えたら格好悪いし


長くなるだけだからまとめるよ

君が好きだ


はしゃぐ恋人達は

トナカイのツノなんか生やして

よく人前で出来るなぁ

いや 羨ましくなんてないけど


君が喜ぶプレゼントってなんだろう


僕だけがあげられるものってなんだろう


大好きだと言った返事が

思ってたのとは違っても

それだけで嫌いになんてなれやしないから


星に願いをなんてさ 柄じゃないけど


結局君じゃないと嫌なんだって

見上げてるんだ


あの時君に

出会って ただそれだけで

自分も知らなかった自分が次から次に


会いたいと毎日思ってて

それを君に知って欲しくて

すれ違う人混みに君を探している

こんな日は他の誰かと笑ってるかな

胸の奥の奥が苦しくなる


できれば横にいて欲しくて

どこにも行って欲しくなくて

僕の事だけをずっと考えていて欲しい

やっぱりこんな事伝えたら格好悪いし

長くなるだけだからまとめるよ

君が好きだ


聞こえるまで何度だって言うよ

君が好きだ



❄︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎❄︎

アナタに逢いたい…



しゅりさんがコメントに寄せてくれた

HYの『 Song for…』

改めて歌詞に心を打たれて…

切なくて…

私の気持ち…

そのまんまで…

彼に想いを馳せました

私が撮った空の写真とともに…


*⋆︎ Song for… ⋆︎* HY

作詞:IZUMINAKASONE

作曲:IZUMINAKASONE


ふたりが出会った事にもしも意味があるとするなら

こんなに苦しいのは今だけだよと自分に言い聞かせて


胸の傷みがアナタをどれだけ好きか伝えているよ

愛する事が怖くなってもアナタなら大丈夫だよね?


抑えきれない気持ちはドコヘ行く事もなく

戻る事なんて出来ない時計の様にホラッ

今アナタヘ

アナタだけに向かって私は恋をしている


会えない日々が続く…眠れない夜も続いてゆくよ

アナタと私の恋は難しい事がたくさんあるから


いくらお互いが想っていたって決して繋がる事はない

だけど私はその日まで待つよ

アナタが大人になるまで


※世界中でこんなにたくさんの人がいるのに

アナタと出会って恋に落ちて同じ気持ちになれたのに

会えない 会いたい

今アナタに会いたい ただアナタに会いたい※


アナタの元に行きたいのに

行けない哀しさを越えて もっと

強くならなきゃ

強くならなきゃ


どれだけ好きだと言ってくれても先は分からない

不安もこの先消える事は無いでしょう

会いたい 会いたい

今アナタに会いたい 会って強く抱きしめて


(※くり返し)


ただアナタに会いたい

今アナタに逢いたい





❁︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎⌒︎❁︎